ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

介護福祉職が行う爪切り

平成17年の厚生労働省通知では、「爪そのものに異常がなく、爪の周囲の皮膚にも化膿や炎症がなく、かつ、糖尿病等の疾患に伴う専門的な管理が必要でない場合に、その爪を爪切りできること及び爪ヤスリでやすりがけすること」は医行為ではないとされています。
(「医師法17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」平成17年7月26日厚生労働省医政局長通知より)
関連する問題はこちら
問題文

介護福祉職が行う爪切りに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 生活支援技術 より出題 )
  • (1)爪は十分に乾燥させてから切る。
  • (2)周囲の皮膚に腫れや傷がある場合は,少しずつ切る。
  • (3)手の爪は,手首を持って動かないようにして切る。
  • (4)爪の先端の白い部分を 1 mm ぐらい残して切る。
  • (5)爪やすりは,中央から端に向かってかける。