ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

介護保険事業計画

  • 市町村は介護サービスの確保・円滑な提供のため、「介護保険事業計画」策定が義務付けられています。
  • そのために国は「基本指針」を作成し、都道府県は「介護保険事業支援計画」を策定することが義務付けられています。
  • 3年を1期とします
  • 社会的条件、介護給付等対象サービスを提供するための施設の整備の状況その他の条件を総合的に勘案して定めます。
  • 区域ごとの各年度の認知症対応型共同生活介護等に係る必要利用定員総数その他の介護サービスの種類ごとの量を見込みならびに、その見込み量の確保のための方策、各年度の地域支援事業に必要な費用の額ならびに事業量の確保のための方策を定めます。
関連する問題はこちら
問題文

市長村における社会福祉に関する計画として、正しいものを1つ選びなさい。

( 2014年 社会の理解 より出題 )
  • (1)老人福祉計画は、その市町村内に老人福祉施設がなければ、策定しなくてもよい。
  • (2)障害者福祉計画は、18歳以上の障害者を対象としていて、障害児を含まない。
  • (3)介護保険事業計画は、第1号被保険者の保険料の設定に関与している。
  • (4)地域福祉計画は、市町村社会福祉協議会に策定が義務づけられている。
  • (5)障害福祉計画は、具体的なサービスの量を設定しない。