ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

福祉施設のリスクマネジメント

  • 福祉施設のリスクマネジメントとは、利用者や家族、地域の信頼を失わないよう高い公共性が課せられています
  • 介護事故を予防するアプローチとは、以下が重要とされています
    1. 法的責任の回避
    2. 利用者の尊厳重視
    3. 手段と目的の区別
  • 福祉施設のリスクマネジメントの方法としては「アクシデント報告書(事故報告書)」「ヒヤリハット報告書」があります
  • 「ヒヤリハット報告書」は事故にならなかった事象を検討しシステム上、介護方法などの欠陥を洗い出し事故を未然に防ぐことを目指します
関連する問題はこちら
問題文

社会福祉法人が設置・運営、指定介護老人福祉施設のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2014年 介護の基本 より出題 )
  • (1)サービス提供時に事故が発生した場合、損害賠償は市町村が行う。
  • (2)事故のリスクを減らすために、利用者の飲酒・喫煙を禁止する。
  • (3)事故後に家族に連絡・報告した書類を、インシデント報告という。
  • (4)職員のプライバシーに配慮して、職員名は事故の記録に残さない。
  • (5)事故が発生した場合、速やかに家族に連絡する。