ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

老人性うつ病

高齢者のうつ病は、認知症と並んで高齢者に多い病気です。若い人と比べて身体的な不調を訴えることが多いため、身体の症状が強調されてしまったり、意欲低下や気分の落ち込み等の症状が認知症とも似ていることから、病気の発見が遅れることが多いので注意が必要です。発症のきっかけは、配偶者や親しい人との死別、退職による社会的役割の喪失、身体・知的機能の低下による不安や喪失感などが代表的です。高齢者のうつ病は、自殺率が高いのも特徴のひとつです。
関連する問題はこちら
問題文

うつ病(depression)で活動性が低下している利用者への介護福祉職の対応として、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 障害の理解 より出題 )
  • (1)にぎやかな場所に誘う。
  • (2)自殺念慮を打ち明けられても,無関心でいる。
  • (3)訴えに対して,受容的に接する。
  • (4)話が途切れないように,次から次へと話しかける。
  • (5)早く元気になるように,励ます。