ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

深部静脈血栓症

深部静脈血栓症は、身体を動かないまま長時間の座位や臥床により、下肢の静脈血が血管内で停滞し、血栓(血液の塊)ができて血管をつまらせてしまう病気です。 血管がつまった下肢の腫脹(腫れ)、痛みなどの症状が起こります。予防法としては、下肢を常に動かしたり、マッサージしするなどで血液の流れを良くすることが大切です。
関連する問題はこちら
問題文

災害時、避難所での高齢者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 介護の基本 より出題 )
  • (1)疲労防止のために,日中も臥床して過ごすように勧める。
  • (2)避難所内の調和を乱さないように,「個」よりも「全体」に配慮する。
  • (3)つえで歩行している人も,避難所内では車いすを使ってもらう。
  • (4)トイレの数が確保できないので,水分を控えるように助言する。
  • (5)深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)いわゆるエコノミークラス症候群)の 予防のために,運動をすることを勧める。