ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

ヒヤリ・ハット報告書

介護現場において、利用者には被害が及ばなかったものの重大な事故につながる危険性があった場面、介護福祉職が「ヒヤリ」「ハッ」とした事柄について報告するものです。ヒヤリ・ハットの状況を職員間で共有することにより、施設内の環境の見直しや事故が起こりやすい介護方法の見直し・検討などが可能になります。報告書の書式は施設によって様々です。 ハインリッヒの法則によると、「1件の大きな事故の裏には、29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリハットがある」とされています。
関連する問題はこちら
問題文

ヒヤリ・ハット報告書に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 コミュニケーション技術 より出題 )
  • (1)口頭で報告したことは,報告書に記載しなくてもよい。
  • (2)報告者の責任を追及することを目的とする。
  • (3)介護事故の状況を報告する。
  • (4)管理者以外の職員の目にふれないように保管する。
  • (5)事故報告書とは分けて記載する。