ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

知的障害者のライフステージに応じた支援

知的障害があっても、その人のライフステージに応じた課題があるため、支援も変わってくることになります。

  • 乳幼児期:心身の発達を促す支援とともに、家族の障害受容を支援することも重要になります。
  • 児童期から青年期:生活技術を身に着け、仲間づくりや対人関係の幅を広げること、身体の成長と精神の成長のアンバランスに配慮が必要になります。
  • 壮年期:親との死別で生じる住居の確保や経済保障とともに喪失感への支援も重要となります。
  • 老年期:健康管理や加齢に伴う心身の状態の変化と、それに伴う生活変化への対応などが必要になります。
関連する問題はこちら
問題文

知的障害のある人のライフステージ(life stage)に応じた支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2014年 障害の理解 より出題 )
  • (1)乳児期には、身体的な成長と精神的な成長のアンバランスに配慮する。
  • (2)幼児期には、将来の就職を考えた自立プログラムを提供する。
  • (3)成人期には、家族の障害受容を支援する。
  • (4)壮年期には、親と死別した後の生活への適応を支援する。
  • (5)老年期には、障害者福祉サービスの利用を支援する。