ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

死後の処置

死後の処置とは、死後にからだを清め、死によって起こる外見上の変化をできるだけ目立たなくし、化粧や旅立ちの衣装への更衣を行い、お見送りをすることです。死後のケア、エンゼルケアともいわれています。
死後の処置について家族に説明し、出来る限り家族にも参加してもらいます。
関連する問題はこちら
問題文

施設入所者の終末期から死後における家族への支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 生活支援技術 より出題 )
  • (1)付き添いやすい環境を整える。
  • (2)在宅と比べて、家族への支援の必要性は乏しい。
  • (3)状態が変化したときだけ家族に報告する。
  • (4)家族が希望しても、死後の処置は職員で行う。
  • (5)故人の思い出話は控える。