ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

不眠の種類

入眠障害
  • 床に入っても30分以上、なかなか寝付けない状態が慢性的に続きます
熟眠障害
  • 長時間睡眠をとっても眠った感じがしない状態です
中途覚醒
  • 眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまう状態です
早朝覚醒
  • 早朝に目が覚めて、その後、眠れない状態です
  • 高齢者は、深い眠りのノンレム睡眠が減少するため、早朝覚醒や中途覚醒が起きやすくなります
関連する問題はこちら
問題文

睡眠障害に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

( 2015年 こころとからだのしくみ より出題 )
  • (1)入眠障害とは、眠りが浅く途中で何度も目が覚めることである。
  • (2)レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome)は、早朝覚醒の原因となる。
  • (3)睡眠が不足すると、副交感神経が活発になる。
  • (4)肥満は、睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome)の原因となる。
  • (5)周期性四肢運動障害は、睡眠中に大声の寝言や激しい動作を伴う。