ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

摂食嚥下の5分類

食事の動作は、以下の5つの段階があります
先行期(認知期)
 食べ物を見て、形、色、一口の量、温度、においなどを認知する時期
準備期
 食べ物を口に入れ、咀嚼し、食塊をつくる時期
口腔期
 舌を使って、食塊を口腔から咽頭へ送り込む時期
咽頭期
 食塊が、咽頭を通過する時期
食道期
 食道に入った食塊が、蠕動運動により胃へと運ばれる時期
関連する問題はこちら
問題文

摂食・嚥下(えんげ)のプロセスで、軟口蓋が挙上して鼻腔(びくう)と咽頭部が閉じ、次に喉頭が挙上して喉頭蓋が閉じ、食塊が食道に運ばれる時期として、正しいものを1つ選びなさい。

( 2017年 こころとからだのしくみ より出題 )
  • (1)先行期
  • (2)準備期
  • (3)口腔期
  • (4)咽頭期
  • (5)食道期