ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等のうち判断能力に不安がある方が、地域において自立した生活が送れるよう、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用援助等を行うものです。
実施主体は社会福祉協議会です。

【内容】
・福祉サービスの利用援助
・苦情解決制度の利用援助
・住宅改造、居住家屋の貸借、日常生活上の消費契約及び住民票の届出等の行政手続に関する援助等
・預金の払い戻し、預金の解約、預金の預け入れの手続等利用者の日常生活費の管理(日常的金銭管理)
・定期的な訪問による生活変化の察知
関連する問題はこちら
問題文

初期の認知症(dementia)で、家賃の支払を忘れて、家主から督促されることが多くなった人に対する支援者として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)民生委員
  • (2)訪問介護員(ホームヘルパー)
  • (3)訪問看護師
  • (4)日常生活自立支援事業の専門員
  • (5)通所介護(デイサービス)の介護福祉職