ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センターは、2008年に設置された「認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト」によって示された、医療と介護の連携のための認知症専門医療機関です。2014年には、全国に250か所が設置されました。

人員は、専門医療を行える医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理技術者の配置が義務が義務付けられています。

業務内容は、専門医療相談、鑑別診断とそれに基づく初期対応、合併症・周辺症状への急性期対応などが挙げられています。

関連する問題はこちら
問題文

認知症疾患医療センターに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2014年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)認知症患者が入院できる精神科病院のことである。
  • (2)認知症専門医と作業療法士の配置が義務づけられている。
  • (3)認知症(dementia)の人の要介護認定を行う。
  • (4)認知症(dementia)の人の成年後見人を選ぶ。
  • (5)地域の認知症医療の連携を強化する役割をもつ。