ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

高齢者の終末期支援

  • 死が避けられないものであると受け容れると残りの時間を出来る限り最期まで自分らしく生きたいと願うことはどんな人にとっても共通した願いです
  • 家族や本人にとっては身体的、精神的社会的霊的苦痛が複雑に絡み合った痛みをもっています
疾病を持ちながら様々な痛みをもって生活している人であるというように全人的にその人を捉えたケアをしなければいけません
関連する問題はこちら
問題文

Dさん(98歳、女性)は、介護老人福祉施設に入所している。終末期を迎え、座位が困難でベッドで臥床している。医師は、死に至るまで1週間程度と予測している。呼びかけには目を開けて反応して、表情が変わることもある。食事は、アイスクリームや水分をわずかにとる程度である。
Dさんは、以前からここで最期の時を安らかに過ごしたいと希望している。家族もそれを望んでいて、毎日、居室を訪れている。家族は延命措置を希望していない。
介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2014年 介護の基本 より出題 )
  • (1)いつもテレビをつけたままにしておく。
  • (2)居室内のポータブルトイレで排泄できるように介助する。
  • (3)家族に、胃ろうの造設を医療関係者に相談するように促す。
  • (4)家族とゆっくりと過ごす時間をもてるように、居室環境を整える。
  • (5)声かけのたびに。頑張って長生きするように励ます。