ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

認知症の人への関わり方の基本

・本人のプライドを傷つけない
・相手の話に耳を傾ける
・認知症の人をそのまま受け入れる
・非審判的態度をとる
・相手の価値観を尊重する
・残された能力が活躍できる機会をつくる
・なじみのある暮らしと環境を整える
・対話をする時は簡潔な言葉で表現する
など
関連する問題はこちら
問題文

次の事例を読んで、問題117から問題119までについて答えなさい。 Kさん(88歳、男性)は、妻(82歳)と二人暮らしであった。5年前にアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。1年ほど前から、会話がかみ合わなくなった。離れて暮らす一人息子のこともわからなくなり、「会社に行く」と外出して行方不明になることがあった。そのため、自宅での介護が困難で、半年前に認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居した。入居時は表情が険しく精神的に不安定で徘徊(はいかい)がたびたびみられた。しかし、事業所内で取り組んでいた回想法に参加すると、徘徊(はいかい)はみられなくなってきた。 ある日の午後、「痛い、痛い」と繰り返しながら足を叩(たた)いて、床に座り込む様子が見られた。


Kさんが痛みを訴えて床に座り込んだ時点で、介護福祉職がとる対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 総合問題 より出題 )
  • (1)いつからどのように痛いのか,詳しく質問する。
  • (2)全身の状態を観察する。
  • (3)嘔気の有無を質問する。
  • (4)叩いている部位に湿布を貼る。
  • (5)ベッド上で安静にしてもらう。