ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

介護過程

介護過程は、介護福祉士の行う客観的で科学的な根拠に基づいた介護の実践です。

介護過程は以下の実現を目指しています。

  • 尊厳を守るケアの実践
  • 個別ケアの実践
  • 日常生活の自立支援
  • 多職種共同・連携による適切な支援の提供
  • 根拠に基づく介護の実践

介護過程の展開の流れは以下のようになっています。

「アセスメント」⇒「個別援助計画の立案」⇒「介護の実際」⇒「評価」

そして、介護福祉士の行う「個別援助計画」はケアマネジャーの行う「ケアプラン」を受けて立案されるものであることを理解しておきましょう。

関連する問題はこちら
問題文

介護過程に関する記述のうち、最も適切のものを1つ選びなさい。

( 2014年 介護過程 より出題 )
  • (1)介護職の経験に基づく実践の方法を、文章化することである。
  • (2)ケアプランを立案することである。
  • (3)施設などで集団のケアを実践することである。
  • (4)介護の目標を実現するための、客観的で科学的な思考と実践の過程のことである。
  • (5)介護職が望む、よりよい生活を実現することである。