ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

障害者虐待防止法

  1. 「障害者」とは、身体・知的・精神障害その他の心身の機能の障害がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活・社会生活に相当な制限を 受ける状態にあるものをいいます。
  2. 「障害者虐待」とは、1養護者による障害者虐待、2障害者福祉施設従事者等による障害者虐待、3使用者による障害者虐待をいいます。
  3. 障害者虐待の類型は、1身体的虐待、2ネグレクト、3心理的虐待、4性的虐待、5経済的虐待の5つです。
関連する問題はこちら
問題文

「障害者虐待防止法」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「障害者虐待防止法」とは、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

( 2014年 社会の理解 より出題 )
  • (1)対象となる虐待の範囲は、身体的虐待、心理的虐待及び性的虐待の3種類とされている。
  • (2)市町村は、虐待に対応するために地域活動支援センターを設置することが義務付けられている。
  • (3)家族による虐待に対しては、市町村が通報を受理して、身体障害者更生相談所または知的障害者更生相談所が対応することとされている。
  • (4)施設サービスでの従事者による虐待は対象となるが、障害者の雇用主による虐待は対象外とされている。
  • (5)医療機関の管理者は、医療機関を利用する障害者に対する虐待を防止するために必要な措置を講ずることとされている。