ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

アドボカシー

権利を擁護する支持するという意味です。第24回 国家試験 (問題7選択肢4)ではアドボカシーの意味が問われています。今回(第28回)の国家試験では意味そのものを問うのではなく、その意味を理解した上で事例問題を通して事業所の対応を問う問題でした。頻出用語は問題のレベルが年々あがっていますので要注意です
関連する問題はこちら
問題文

Aさん(82歳、女性)は、アルバイト店員の息子(56歳)と二人暮らしである。Aさんは、 3年前にアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’stype)と診断された。現在、要介護2と認定されて訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を支給限度額まで利用している。Aさんは、身の回りのことに常に見守りや介助が必要であり、一人で外出して道が分からなくなり、何度も警察に保護されている。訪問介護事業所が、アドボカシー(advocacy)の視点からAさんと息子を支援する場合の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 人間の尊厳と自立 より出題 )
  • (1)自分の食事も作ってほしいという息子の要望に、対応できないと断る。
  • (2)息子の外出時は、Aさんが部屋から出られないように施錠することを提案する。
  • (3)Aさんと息子に相談の上、社会福祉協議会に見守りボランティアの派遣を働きかける。
  • (4)息子に、市内に認知症家族の会があることを知らせる。
  • (5)町内会に、回覧板でAさんと息子の状況を詳しく知らせるように働きかける。