ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

回想法

回想法は、過去の記憶を手がかりに、その人の人生を語ることによって、精神の安定化を図る心理療法で、1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラーが提唱しました。
回想法には、以下のような効果があると言われています

■回想法の効果
・心理的問題の解決
・認知症の予防・進行抑制
・人生に対する満足度や肯定感の向上
・自尊心の向上
・抑うつ感の改善
・死に対する不安の軽減(終末期の方)
・対人交流の促進
関連する問題はこちら
問題文

回想法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)記憶力の改善が最も期待できるのは、中等度の認知症(dementia)の人である。
  • (2)認知症(dementia)の人に豊かな情動をもたらすことが期待できる。
  • (3)過去の苦痛や困難な体験を思い出す手がかりを準備すると効果的である。
  • (4)毎回異なる場所で行うと効果的である。
  • (5)回想法に参加した家族介護者は、発症前を思い出してつらくなることが多い。