ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

福祉六法

福祉六法の制定
1947年(昭和22年)児童福祉法
1949年(昭和24年)身体障害者福祉法
1950年(昭和25年)生活保護法
→戦後すぐに、福祉三法体制が確立
1960年(昭和35年)精神薄弱者福祉法(現・知的障害者福祉法)
1963年(昭和38年)老人福祉法
1964年(昭和39年)母子福祉法
(現・母子及び父子並びに寡婦福祉法)
→1960年代半ばに福祉六法体制が確立
関連する問題はこちら
問題文

社会福祉の推移に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

※「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。
※「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

( 2015年 社会の理解 より出題 )
  • (1)1980年代の初めに社会福祉の基盤となる福祉六法体制が確立された。
  • (2)1981年(昭和56年)の国際障害者年は、ノーマライゼーション(normalization)の理念を社会に広める契機となった。
  • (3)1990年(平成2年)に社会福祉事業法が社会福祉法に改正された。
  • (4)2003年度(平成15年度)に「障害者総合支援法」が施行された。
  • (5)2008年度(平成20年度)に「高齢者虐待防止法」が施行された。