ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

アクティブエイジング

世界保健機関(WHO)は1999年より、アクティブエイジングを提唱しています。
アクティブエイジングとは、「人々が歳を重ねても生活の質が向上するように、健康、参加、安全の機会を最適化するプロセスである。」としています。
関連する問題はこちら
問題文

Aさん(70歳、男性)は、65歳で定年退職した後、学生時代の旧友のほか、地域のボランティアサークルで知り合った新しい仲間と親交を深めてきた。しかし、サークルでトラブルが起きるようになって、 1、 2年前からはサークルへの参加が徐々に減り、安心できる旧友とばかり頻繁につきあうようになった。Aさん自身はこの生活に満足している。
Aさんの生活への適応状況を説明する理論として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 発達と老化の理解 より出題 )
  • (1)活動理論
  • (2)離脱理論
  • (3)社会情動的選択理論
  • (4)愛着理論
  • (5)心の理論