ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

ヒートショックの予防

■ヒートショックの予防
・居室と脱衣室の温度差をなくす
・脱衣室と浴室の温度差をなくす
・湯温度は41度以下のぬる湯
・夕食前、日没前に入浴する
・かけ湯をする
・肩までどっぷりつからない
・長湯をしない
・急に湯船からあがらない
・湯船から出る前に、手に水をかける
・食直後や飲酒後は入浴しない
・入浴前後にコップ一杯の水分摂取をする
関連する問題はこちら
問題文

入浴時のヒートショックに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 生活支援技術 より出題 )
  • (1)高血圧の人は、ヒートショックを起こしにくい。
  • (2)ヒートショックは、夏に起こりやすい。
  • (3)ヒートショック予防として、浴室・脱衣室と居室との温度差を小さくする。
  • (4)ヒートショック予防として、湯の温度設定は高めにする。
  • (5)ヒートショックは、入浴前に起こりやすい。