ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

障害年金

■障害基礎年金
国民年金に加入している間に初診日のある病気やケガによって、障害の状態になった場合に支給されます。
※20歳前や、60歳以上65歳未満(年金に加入していない期間)で、日本国内に住んでいる間に初診日があるときも含みます。

■障害厚生年金
厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。
関連する問題はこちら
問題文

障害者の年金、手当、扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

( 2016年 介護の基本 より出題 )
  • (1)障害基礎年金の障害等級は、1級と2級である。
  • (2)障害基礎年金と老齢厚生年金は、併給できない。
  • (3)障害基礎年金は、全額が生活保護の収入認定の対象外となる。
  • (4)特別障害者手当は、市町村の条例によって実施される。
  • (5)2013年(平成25年)の生活保護基準の見直しに伴って、障害者加算が廃止された。