ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

中途障害者の障害受容過程

【ショック期】
・受傷してすぐの段階で、障害が残る可能性などが分かっていないことから、比較的平穏な心理状態。
【否認期】
・治療が一段落して、自分の身体状況などにも目が向くようになってくるが、自分に障害が残ることを認めていない時期。
【混乱期】
・障害を受け止めることができず、他人に感情をぶつけたり、他人を責めたりする。抑うつ反応を示し、自殺を考えることもある、混乱を示す段階。
【努力期】
・怒りをぶつけたり、絶望しても問題解決にはならない、自ら努力することも必要と気づきはじめる時期。
【受容期】
・現実を受け止め、残された機能の活用や価値の転換がはかられていく時期。
関連する問題はこちら
問題文

障害受容過程の「ショック期」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 障害の理解 より出題 )
  • (1)現実を実感することが難しい。
  • (2)抑うつ反応を示す。
  • (3)自らの努力が必要だと気づく。
  • (4)他人に感情をぶつける。
  • (5)障害を受け止めることができる。