ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

認知症対応型共同生活介護

【指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準】
第八十九条  指定地域密着型サービスに該当する認知症対応型共同生活介護(以下「指定認知症対応型共同生活介護」という。)の事業は、要介護者であって認知症であるものについて、共同生活住居(法第八条第二十項 に規定する共同生活を営むべき住居をいう。以下同じ。)において、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするものでなければならない。
関連する問題はこちら
問題文

介護保険法における認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)地域住民と関わる機会は少ない。
  • (2)家庭的な雰囲気によって,症状の安定が図られる。
  • (3)1 ユニットの入所者は10 名までである。
  • (4)機能訓練は行わない。
  • (5)施設が決めた一律の日課によって,生活の維持が図られる。