ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

感情失禁

感情失禁とは、わずかな刺激に対しても過度の感情を示し、その感情の表出を押さえられない状態を言います。情動失禁とも言います。脳血管性認知症の利用者に見られる症状です。
関連する問題はこちら
問題文

Eさん(88歳、女性)は、血管性認知症(vascular dementia)で左片麻痺(ひだりかたまひ)がある。穏やかな性格である。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居し、グループホームでの役目として、食事前の挨拶を担当している。しかし、夏の暑さが続いたとき、食事前の挨拶の後「こんなことはやらせないで」と理由もなく急に泣きだすことがあった。介護福祉職が受容的な態度で接していると、Eさんは笑顔で「ご苦労様」と介護福祉職に声をかけるようになった。
このようなEさんについて考えられることとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)睡眠不足による感情の変化
  • (2)認知症(dementia)の急激な進行
  • (3)感情失禁の症状
  • (4)暑さによる中核症状の悪化
  • (5)職員の対応に対する怒り