ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

徘徊・見守り SOS ネットワーク

警察のみならず、幅広く市民が参加する徘徊高齢者の捜索・発見・通報・保護や見守りに関するネットワークを市町村及び広域的な体制として構築しています

(資料:厚生労働省ホームページ)
関連する問題はこちら
問題文

【事 例】
Jさん(80歳、女性)は3年前にレビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)と診断され、要介護3と認定された。次第に徘徊することが多くなって、夫(88歳)が介護することは難しくなり、現在は認知症対応型共同生活介護(グループホーム)を利用している。Jさんは、「先生が怖い顔をしてあっちから歩いてくる」など、実際にはないことを口にしていた。Jさんはグループホームから出て行き、Vコンビニエンスストアで発見されたことが1回ある。家族の了解を得て、GPS追跡機をJさんの身に着けてもらうことにした。また、地域のネットワークを活用して、Jさんが発見されたVコンビニエンスストアの店員、地域の民生委員、自治会、老人クラブなどに呼びかけ、一人で歩いているJさんを見かけたときは、グループホームに連絡を入れてもらうようにした。一方で、介護福祉職は、Jさんが外出したいときには、付き添って外出していた。


地域の住民から、「Jさんに似た人をW橋のそばで見かけました」と連絡が入った。W橋はVコンビニエンスストアから2km ほど離れている。JさんのGPS追跡機が居室で見つかったが、Jさんの姿はグループホーム内に見当たらなかった。この時点で、介護福祉職がとるべき対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2015年 総合問題 より出題 )
  • (1)グループホームで帰ってくるのを待つ。
  • (2)休暇中の職員全員に出勤してもらう。
  • (3)地域のネットワークに協力を依頼する。
  • (4)Jさん宅に探しに行く。
  • (5)VコンビニエンスストアでJさんが来るのを待つ。