ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

産前産後休業

母体保護の見地から、労働基準法により定められている出産のための休業です。産前は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間の休業期間のことをいいます。産前の休業は本人の請求により与えられるものですが、産後は本人の請求の有無にかかわらず使用者(雇用者)が与えなければなりません。
※育児・介護休業法は、平成29年1月から改正法で施行されているので、変更点を確認しておきましょう。
関連する問題はこちら
問題文

【事例】
Cさん(30歳、女性)は介護老人福祉施設で常勤職員として働いている。出産を来月に控えて、産前6週間・産後8週間の予定で産休を取ることにした。


産休中のCさんの所得の喪失または減少を補塡するために、医療保険制度から支給されるものとして、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 社会の理解 より出題 )
  • (1)出産育児一時金
  • (2)休業補償給付
  • (3)傷病手当金
  • (4)育児休業給付
  • (5)出産手当金