ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

レスパイトケア

レスパイトケアとは、在宅介護の要介護状態の利用者が、福祉サービスなどを利用している間、日常的に介護をしている家族などが一時的に介護から解放され、休息をとれるようにする支援のことをいいます。在宅介護は、介護者にとって肉体的にも精神的にも大きな負担となる場合があります。介護者のうつも大きな問題となっています。
関連する問題はこちら
問題文

【事例】
Gさん(38歳、女性)は、筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)で、居宅介護を利用して、排泄(はいせつ)と入浴の支援を受けながら、日中は車いすで過ごしている。同居の母親も要介護4で、訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を利用しており、定年退職した父親が家事と二人の介護をしている。 ある日、H介護福祉職の前でGさんが、「最近、父親が体調不良でつらそうで…」「私が一人暮らしをした方が父も楽になるんだけど、だめだと言うし…」と言った。


Gさんに共感を示すH介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 コミュニケーション技術 より出題 )
  • (1)父親の気持ちを想像してみるように助言する。
  • (2)Gさんの話に応えながら,気持ちを確認する
  • (3)障害者の一人暮らしに関する情報を提供する。
  • (4)これからの生活について,自己決定を促す。
  • (5)前向きな話題を出して,Gさんの気持ちを切り替えてもらう。