ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

口腔ケア

目的
  • 口腔内の疾患、細菌の増殖、口臭を予防するだけでなく、細菌を含んだ唾液を誤嚥することによって起こる誤嚥性肺炎などの感染症を予防します
ベッドで口腔ケアを行う場合
  • 唾液が誤って肺に入ってしまい、誤嚥性肺炎を起こさないように、顎を引いて行うよう注意します
起き上がれる場合
  • 座位
  • ファーラー位(半座位)
が望ましい
起き上がれない場合
  • 側臥位(顎をひいて頭部を前屈させて行う)
片麻痺がある場合
  • 麻痺がある方を上にして行う
関連する問題はこちら
問題文

介護が必要な利用者の口腔ケアの方法として、適切なものを1つ選びなさい。

( 2015年 生活支援技術 より出題 )
  • (1)ベッド上で実施する場合、仰臥位(背臥位)にする。
  • (2)全部床義歯(総入れ歯)の場合、上からはずす。
  • (3)ブラシの部分が大きく硬い歯ブラシを選ぶ。
  • (4)うがいができる場合、ブラッシング前にうがいをする。
  • (5)舌苔は残さず取り除く。