ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

利用者と家族の意向

利用者と家族の意向が違う場合には、利用者の意向を家族が理解できるような支援が求められます。また、介護者は、利用者だけでなく、家族との関係や家族の思いも考慮し、利用者と家族の意向を調整することが求められます。

今回の事例では、Lさんは「自分でできることは自分でやりたい」と思っているが、妻は「夫の世話は自分の役割と思っている」ため、Lさんが自分でできるところも世話をしてしまっています。

この問題では、妻の気持ちも配慮しながら、Lさんの自立を支援する言葉かけについて問われています。

関連する問題はこちら
問題文

次の事例を読んで答えなさい。

〔事例〕
Lさん(80歳)は、妻(75歳)と二人暮らしである。半年前に脳梗塞(cerebral infarction)を起こし、左片麻痺が残った。時間をかければ、着脱や洗面など、身の回りのことができる。現在、要介護1で、週1回訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けている。妻は、70歳ころから軽い心不全(heart failure)がくり返し起きるため、屋内での生活が中心となっている。
Lさんは、自分でできることは自分でやりたいと思っているが、妻は夫の世話は自分の役割と思って、Lさんが自分でできることでも世話をしてしまう。
Lさんはお風呂が好きで、脳梗塞(cerebral infarction)を起こす前は、毎日、湯船につかっていた。しかし、自宅の浴槽の縁が浴室の床から遠く、妻の介助では、湯船につかることができないために、退院後はシャワーを使用していた。Lさんは「在宅生活を続けながら、週1回でも湯船につかりたい」と訪問介護員(ホームヘルパー)に話している。


Lさんが起き上がって自分で上着を着ようとしていると、妻が介助して着せた。
それを見た訪問介護員(ホームヘルパー)の妻への対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2014年 総合問題 より出題 )
  • (1)「Lさんはできますよ、次から本人に任せてみましょう」
  • (2)「次からは、私がやりましょう」
  • (3)「Lさんに楽をさせないようにしましょう」
  • (4)「これからも服を着せてあげましょう」
  • (5)「まず、ご自分のことを心配しましょう」