ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

ダウン症候群

ダウン症候群は、21番目の染色体の異常で、知的障害を伴います。発生率は出生1000人に1人の割合で、高齢出産の場合に発生率が高くなります。
【合併症】
先天性心疾患、肺高血圧症、十二指腸閉鎖、鎖肛、難聴、近視・遠視・白内障などの眼科的な異常などがあります。特に、難聴や心疾患が多くみられます。
関連する問題はこちら
問題文

次の事例を読んで、問題123から問題125までについて答えなさい。 〔事例〕 Mさん(19歳、男性)は、染色体の異常による疾患で知的障害がある。特別支援学校の卒業後、自立した生活を目指して、両親から離れて、共同生活援助(グループホーム)を利用している。日中は、一定期間(おおむね24か月を標準とする)必要な訓練を受けることのできる日中活動のサービスを利用して、生産活動の訓練、職場体験の機会の提供などを受けている。 Mさんは、毎朝、このグループホームから駅まで歩いて、電車で日中活動の場所まで通っている。Mさんは、楽しそうに生き生きと訓練に励んでいる。


Mさんの知的障害の起因疾患として、正しいものを1つ選びなさい。

( 2017年 総合問題 より出題 )
  • (1)脊髄小脳変性症(spinocerebellar degeneration)
  • (2)脳出血(cerebral hemorrhage)
  • (3)筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)
  • (4)ダウン症候群(Down’s syndrome)
  • (5)脊柱管狭窄症(spinal stenosis)