ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

インスリン

インスリンは、膵臓のβ細胞から分泌されるホルモンです。
おもな働きは、ブドウ糖からのグリコーゲン生成、ブドウ糖の参加および脂肪への転化、たんぱく質の合成を促進し、血糖値を低下させることです。
関連する問題はこちら
問題文

〔事 例〕
Aさん(70歳、女性)は、20年前に2型糖尿病(diabetes mellitus、 type2)を発症して、 8年前から血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射を朝食前に行っている。4年前から変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)(knee osteoarthritis)が悪化して車いすの生活となり、自宅での生活が少しずつ困難になった。要介護3と認定されて、 2年前に介護老人福祉施設に入所した。入所後も、血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射は介護福祉職の見守りのもとに行っていて、空腹時血糖値は120〜150mg/dl でコントロールされていた。
ある日の夜中に数回にわたって下痢便が見られ、起床時には嘔吐(おうと)し、腹痛と発熱が見られた。


朝食前に介護福祉職がAさんの様子を観察すると、冷や汗、動悸(どうき)、めまいなどの症状はなく、血糖値は130mg/dl であった。Aさんは、嘔気(おうき)、腹痛があり食欲がないと訴えた。
看護職に報告するまでの間に、介護福祉職がAさんに説明する内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2016年 総合問題 より出題 )
  • (1)インスリン(insulin)の量を増やして、自己注射をする。
  • (2)インスリン(insulin)の量を減らして、自己注射をする。
  • (3)インスリン(insulin)の自己注射をして、朝食を食べる。
  • (4)インスリン(insulin)の自己注射をしないで、朝食を食べる。
  • (5)インスリン(insulin)の自己注射をしないで、朝食を食べない。