ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

障害者総合支援法

障害者の定義は18歳以上の下記の方です。
  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者(発達障害者含む)
  • 難病等の者
年齢に上限は設けられていないので、65歳以上も対象です。 18歳未満の障害のある児童(障害児)は、児童福祉法に定義されています
  • 市町村審査会
    障害支援区分の審査・判定を行う機関です。一次判定(コンピューターで行う)の結果、医師の意見書などをもとに二次判定を行います 審査・判定を行うために、必要な場合は、障害者等、その家族、医師その他の関係者の意見を聴くことができます
関連する問題はこちら
問題文

「障害者総合支援法」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

※「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

( 2015年 社会の理解 より出題 )
  • (1)法律の目的には、障害児の保護者の所得保障が規定されている。
  • (2)障害者の年齢を20歳以上と規定している。
  • (3)知的障害者や精神障害者の場合は、その家族が支給決定の申請をすることとしている。
  • (4)障害児の障害支援区分認定のための調査は、保護者の申告があれば行わなくてもよい。
  • (5)障害支援区分の審査および判定を行う場合、市町村審査会は、その対象となる障害者の家族に意見を聴くことができる。