ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

レビー小体型認知症の特徴

1976年に発見された新しい認知症です。特殊なたんぱく質によって神経伝達が障害されるために起こります

主症状:初期の段階で事例のように幻視が見られます。ほかには、無動などのパーキンソン病と似た症状が出るため、パーキンソン病と間違われることがあります

関連する問題はこちら
問題文

ふりかけをかけたご飯を、「アリがたかっているから食べられない」と訴えるレビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)の人への対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2015年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)落ち着いて口に入れてみることを勧める。
  • (2)「アリはいません、おなかが空くので食べてください」と促す。
  • (3)「お好きなものがありましたよ」と好物を示して食事を勧める。
  • (4)通常のご飯に取り替えて、「もう大丈夫でしょうか」と食事を勧める。
  • (5)「おなかが空いていないのなら、無理して食べなくてもいいですよ」と下膳する。