ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

生活困窮者自立支援法

生活保護に至るおそれのある、経済的に困窮している方に対して、個々の状況に応じた支援を行い、自立を助けることを目的としています。
【必須事業】
1.自立相談支援事業
就労その他の自立に関する相談支援、自立に向けた支援計画の作成等を行う
2.住居確保給付金の支給
離職などにより住居を失った方や失う恐れのある方に対し、一定期間、家賃相当額を給付する
【任意事業】
1.就労準備支援事業
 就労に必要な訓練を、日常生活自立、社会生活自立段階から一定期間で実施します。
2.一時生活支援事業
 住居のない方に対して、一定期間、宿泊場所や衣食の提供等を行います。
3.家計相談支援事業
 家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっせん等を行います。
4.子供の学習支援事業
 子供に対して、学習支援や保護者への進学助言等を行います。
関連する問題はこちら
問題文

生活困窮者自立支援法に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 社会の理解 より出題 )
  • (1)生活困窮者に対する自立支援策を強化して,その自立促進を図ることを目的としている。
  • (2)必須事業として,就労準備支援事業がある。
  • (3)任意事業として,自立相談支援事業がある。
  • (4)住宅を確保する必要があると認められた場合には,生活保護法の住宅扶助が優先される。
  • (5)どのような事業でも,NPO法人等へ委託することはできない。