ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

特定疾病

介護保険では、40~64歳(第二被保険者)の人が特定疾病を原因として要介護認定を受けた場合、介護サービス・介護予防サービスを利用することができることになっています。
 国が定める特定疾病は16種類です。

1.がん(がん末期) 2.関節リウマチ 3.筋萎縮性側索硬化症 4.後縦靭帯骨化症 5.骨折を伴う骨粗鬆症 6.初老期における認知症 7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患) 8.脊髄小脳変性症 9.脊柱管狭窄症 10.早老症 11.多系統萎縮症 12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 13.脳血管疾患 14.閉塞性動脈硬化症 15.慢性閉塞性肺疾患 16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
関連する問題はこちら
問題文

指定認知症対応型通所介護のサービスに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 介護の基本 より出題 )
  • (1)利用者は,65 歳以上で認知症(dementia)のあるものに限られる。
  • (2)家族が送迎を行うことが原則である。
  • (3)認知症対応型通所介護計画は,精神科医が作成する。
  • (4)利用者は,原則として事業所のある市町村の住民である。
  • (5)サービス提供時間は, 8 時間を上限とする。