ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

身体拘束禁止の対象となる具体的な行為

①徘徊しないように、車いすやいす、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
②転落しないように、ベッドに体幹や四肢をひもで縛る。
③自分で降りられないように、ベッドを柵(サイドレール)で囲む。
④点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、四肢をひも等で縛る。
⑤点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、または皮膚をかきむしらないように、手指の機能を制限するミトン型の手袋等をつける。
⑥車いすやいすからずり落ちたり、立ち上がったりしないように、Y字型拘束帯や腰ベルト、車いすテーブルをつける。
⑦立ち上がる能力のある人の立ち上がりを妨げるようないすを使用する。
⑧脱衣やおむつはずしを制限するために、介護衣(つなぎ服)を着せる。
⑨他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに体幹や四肢をひも等で縛る。
⑩行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる。
⑪自分の意思で開けることのできない居室等に隔離する。
(身体拘束ゼロへの手引きより)
関連する問題はこちら
問題文

「身体拘束ゼロへの手引き」(2001年(平成13年)厚生労働省)の身体拘束の内容に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 介護の基本 より出題 )
  • (1)自分で降りられないように,ベッドの四方を柵で囲むことは,禁止行為とされて いる。
  • (2)切迫性と非代替性と永続性の3 つの要件を満たせば,身体拘束は認められる。
  • (3)本人の同意なく,やむを得ずおむつを着用させることは,禁止行為とされている。
  • (4)事前に利用者や家族に説明があれば,実際に身体拘束を行うときの説明手続きは省略できる
  • (5)やむを得ず身体拘束をした場合は,そのたびに保険者に報告する義務がある。