ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

経管栄養利用者の口腔ケア

経管栄養利用者の口腔ケアの留意点

  • 誤嚥しないよう姿勢を整えます。
    ファーラー位、セミファーラー位、側臥位の姿勢で行います。仰臥位の場合は、顔を横に向けるなどの工夫をします。
  • 経管栄養終了直後の口腔ケアは、嘔吐反射を誘発する恐れがあるため避けます。
  • 誤嚥につながる可能性があるため、スポンジブラシの水分はしぼって使用します。
  • 経鼻経管栄養チューブを固定しているテープが、はがれやすくなっていたり、抜け出ていたり、口の中でとぐろを巻いているなどの場合には、医療職に報告します。
  • 口腔粘膜の清掃は、口の奥から手前に向かって行い、あまり奥のほうに入れないようにします。
関連する問題はこちら
問題文

経鼻経管栄養の利用者の口腔ケアに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい

( 2014年 生活支援技術 より出題 )
  • (1)口腔から食物を摂取していないので、口腔ケアは不要である。
  • (2)スポンジブラシは、したたるほど水を含ませて使用する。
  • (3)経管栄養が終わってすぐの口腔ケアは避ける。
  • (4)口腔ケアを始めるときに固定テープがはがれていたら、留め直す。
  • (5)仰臥位で行う。