ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

若年性認知症

若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症のことをいいます。若年性認知症には、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症が多くみられます。働き盛りでの発症は、家族の介護負担が大きく、経済的ダメージも大きくなります。
関連する問題はこちら
問題文

若年性認知症(dementia with early onset)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2017年 認知症の理解 より出題 )
  • (1)前期高齢者が発症する認知症(dementia)である。
  • (2)後期高齢者の認知症(dementia)と比べて進行は緩やかである。
  • (3)家族の心理的負担は少ない。
  • (4)若年性認知症(dementia with early onset)に特化した社会的支援が充実している。
  • (5)若年性アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type with early onset)では神経症状を認めることが多い。