ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

地域相談支援(障害者総合支援法)

地域相談支援は、障害者支援施設に入所している障害者精神科病院に入院している精神障害者などに対して、地域生活への移行に向けた支援を行うものです。地域移行支援地定着支援があり、2つを継続して利用します

地域移行支援
  • 対象者:障害者支援施設入所者、保護施設、矯正施設等に入所する障害者、精神科病院に入院する精神障害者
  • 内容:地域移行支援計画の作成、相談、同行支援・住居の確保など、地域生活へ移行するための支援
地域定着支援
  • 対象者:居宅でひとり暮らしをする障害者など
  • 内容:地域定着支援台帳の作成、常時の連絡体制の確保、緊急時の支援
関連する問題はこちら
問題文

Dさん(38歳、女性)は、知的障害があり、障害者支援施設で生活介護を受けながら生活している。ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は自立しているが、家事や金銭管理に援助が必要な状況である。家族から経済的・精神的支援は期待できない。ある日、Dさんから、「仕事はできないけれど、ここから出て暮らしてみたい」という希望があり、検討することになった。
Dさんの地域生活を実現するための支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

( 2015年 障害の理解 より出題 )
  • (1)指定一般相談支援事業者の利用を勧める。
  • (2)発達障害者支援センターに支援計画の作成を依頼する。
  • (3)行動援護の支給申請を行う。
  • (4)就労移行支援の利用を勧める。
  • (5)地域包括支援センターに支援を要請する。