ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

生活課題の優先順位を決める

アセスメントの結果、利用者の生活課題が複数あがった場合は、優先的に取り組む課題を決定します。生活課題の優先順位を決めるときの判断基準の一つとして、マズローの欲求段階説を目安にすることができます。これは、死に至る危険性が高い課題を優先する考え方です。しかし、生活の質や人生の質を考える場合、単に生命が安全であればよいというものではありまんせん。特にターミナル期においては、「その人らしい人生」に重きをおいて、マズローの示す上位の欲求への支援も重要となります。利用者の思いや願い(生活の豊かさ)、健康状態にかかわること(生命の安全)、様々な生活支障の多くにかかわっている重大な事柄(生活の安定)などの視点を持って、生活課題の優先順位を決定します。
関連する問題はこちら
問題文

Cさんはアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)で、介護老人福祉施設に入所している。仲の良かったDさんが、1週間前に経済的な理由で別の階の多床室に移動した。Cさんは、寂しそうな表情で廊下を歩き回り、Dさんを探しながら、他の利用者の部屋に入っていく。Dさんも「Cさんに会いたい」と介護福祉職に話している。


Cさんの生活課題として、最も優先すべきものを1つ選びなさい。

( 2017年 介護過程 より出題 )
  • (1)Dさんの居室移動を理解すること
  • (2)廊下を自由に歩き回れるようになること
  • (3)新しい友人をつくること
  • (4)自分の部屋で落ち着いて過ごせること
  • (5)Dさんとの交友関係を保てること