ケアトレ厳選! 介護福祉士資格
重要キーワード

ICIDH
ICF

世界保健機構(WHO)は1980年に障害を「国際障害分類(ICIDH)」として整理しています。そして障害の三つの次元は以下のようになっています。

「機能障害」⇒「能力障害」⇒「社会的不利」

2001年にはこのICIDHに代わり、「国際生活機能分類(ICF)」となっています。

ICFでは、「環境因子」と「個人因子」が、「心身機能・身体構造」「活動」「参加」という個人の生活機能に関わり、相互に影響しあうモデルを提案されています。つまりICFでは、ICIDHよりさらに環境及び環境と個人の相互作用を重視したモデルとなっているということです。

関連する問題はこちら
問題文

ICIDH(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps : 国際障害分類)からICF(International Classification of Functioning, Disability and Health : 国際生活機能分類)への変遷に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

( 2014年 障害の理解 より出題 )
  • (1)ICIDHは、機能・形態障害の分類が不十分という指摘があった。
  • (2)医学モデルから社会モデルへの転換として、ICFを位置づけた。
  • (3)ICIDHは、身体障害に適合できない部分があるという批判があり、ICFが開発された。
  • (4)ICIDHにおける能力障害を、ICFでは参加制約に置き換えた。
  • (5)ICIDHよりも、環境及び環境と個人の相互作用を重視したモデルとしてICFが提案された。