介護福祉士国家試験、合格者の勉強法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 
 

介護福祉士の資格を取りたいけれど、どうやって勉強したらいいのだろう?そんなお悩みを解消するために、
ここでは、介護福祉士国家試験の合格者がオススメする実践的な勉強法をご紹介します。

1、介護福祉士合格者の勉強法

試験の勉強方法には、大きく分けて独学で勉強する方法と資格学校に通う方法の2つがあります。
まずは、独学での勉強方法から、ご紹介します。

1-1、資格学校に通わず独学で合格したときの勉強法

独学の場合、教材さえあれば、いつでもどこでも勉強を始められます。資格学校に通うのと比べて、費用もかかりません。
一方で、自ら計画的に勉強を進めていかねばなりませんし、一から自分の力で理解していく必要があります。
では、試験に合格した人は、どのような勉強をしていたのでしょうか。合格者が実際に行っていた勉強法を、ご紹介します。

<勉強法の実例>

①過去問を解く
基本書を通読したり、ノートをまとめる勉強法からスタートすると、時間が足りなくなります。
そこで、まずは参考書を一冊選び、過去問を解いてみるところから始めます。

②過去問の解説や基本書を使って、過去問に出てきた選択肢の正誤の根拠を確認する
問題の正誤だけでなく、その根拠まで知ることが大切です。

③出題された誤文を正文に直して、正文を覚える
間違っている箇所にアンダーラインを引いて訂正するなどの方法で、正しい文章を記憶していきます。

④基本書で関連事項を確認する
例えば、エリクソンの発達段階説に関する問題を解いたら、ピアジェやフロイトの提唱した発達段階説も一緒に確認します。
障害福祉計画に関する問題を解いたら、障害者計画についても確認します。
このように関連した項目を一緒に確認しておくことで、系統的に知識を蓄積していくことができます。

⑤上記の①から④までを、何度も繰り返す
反復することで、知識を定着させていくことができます。

⑥何度も間違えるところを確認し、必要に応じてまとめる
2回、3回と繰り返し間違えた問題をノートにまとめて、通勤時間などの隙間時間にまとめたノートを使って覚えていきます。
このときに大切なのは、正解の選択肢番号を記憶することではなくて、問題の内容を理解して正しい知識を身につけることです。
「この問題の正解は3番だったな」と思い出せるようになってしまったら、別の参考書に切り替えましょう。

⑦模擬問題集や一問一答問題集などで覚えた知識を補強する

①から⑥までの方法と同じように、模擬問題集や一問一答問題集を使って反復学習します。

1-2、勉強するときのポイント

◇独学で勉強をするときに重要なのは勉強期間の長さではなく、①から⑦までのサイクルを何回繰り返せるかです。
半年間の勉強期間で2回しか繰り返せないよりも、2カ月間の勉強期間で3回繰り返せるほうが望ましいということです。

◇長期間勉強しない期間を作らずに、コンスタントに勉強し続けることが重要です。
人というのは、試験が終わった途端に勉強したはずのことを驚くほど忘れてしまうものです。
ですから、試験当日に照準を合わせて覚えるべきことを覚え、ベストコンディションで試験に臨めるように計画しておくことが大切です。

1-3、合格者オススメの参考書

独学で勉強する際に、良質な回答と解説のついている参考書を選ぶことが大切です。制度の変更などもありますので、必ず最新のものを入手しましょう。
合格者のオススメの参考書を、以下にご紹介します。

◇中央法規出版
(http://www.chuohoki.co.jp/skillup/)
慣れるまでは解説が少し難しく感じられるかもしれませんが、簡単にしか解説の書かれていない参考書だと、後々、物足りなく感じられます。
試験問題の作成や専門書の出版もしている出版社なので、内容の確かさにも定評があります。

◇ユーキャン
(http://www.u-can.co.jp/book/products/shikaku.html#kaigo)
値段はやや高めですが、情報量の多さとわかりやすさに定評があります。

これらの参考書を使う際に用意したいのは、まずは基本書と過去問です。
基本書と過去問を通じて基礎を固め、その後、模擬問題集や一問一答問題集などの補助教材で知識の補強を行います。
一問一答問題集や暗記用の教材は、サイズが小さいために持ち歩くのに適しています。通勤途中などの隙間時間を使って勉強する際に使用するとよいでしょう。

<模擬試験>

模擬試験は、必ず受けなければならないものではありません。
ただし、特に独学で勉強している際には、中間目標として実力を把握するために模擬試験の受験を取り入れることは有効です。模擬試験自体も、良い教材になります。
資格学校などに通学していなくても模擬試験を受けることはできますので、時間と費用に余裕があれば、上手に活用するとよいでしょう。

なお、合格者オススメの模擬試験はこちらです。

◇東京アカデミー 「介護福祉士 全国公開模擬試験2015」
(http://www.tokyo-ac.jp/qualification/course/exam/page3.html)
模擬試験後の講師による解説はありませんが、受験料が安いのでオススメの模擬試験です。難度は比較的高めとされていますので、この試験を基準に勉強しておくと安心でしょう。
自宅試験や、各学校内での試験も実施されています。

模擬試験について、詳しくはこちらのページもご覧ください。
(※「介護福祉士の模擬試験を受けるメリットと主要な模擬試験情報」)

2、家庭教師、勉強会

独学と資格学校の中間として、「勉強会」がオススメです。同じ目標を持つ仲間で集まって、わからないことを教え合うものです。
互いに教え合うことで理解が進み、「そういえば、こんな話もしていたな」とエピソード的に思い出せることで、記憶の定着もはかれます。
定期的に開催すれば、「この日までにここまでやる!」という中間目標を設定することができますし、互いに頑張るというモチベーションの維持にもつながります。

3、まとめ

介護福祉士国家試験は年に1度しか実施されませんが、合格基準を満たせば合格できるものです。
仕事などの日々の生活もありますので、ぜひ効率的に勉強して、合格を目指してください。
資格を取得したら、利用者、家族、社会からは「試験に出ることは知っている」はずの専門家としての活躍が求められます。
そのことを念頭に置き、試験のための勉強をするだけでなく、現場での実践に活かすことを考えて勉強していきましょう。
勉強したことを日々の仕事や生活に活かすことで、覚えた知識も定着しやすくなりますよ。

【過去問3年分+予想問題が無料!】

介護福祉士の試験対策サイト「ケアトレ」では、プロの講師が解説した過去問だけでなく、本番さながらの予想問題も無料で解くことがます!
本番で差がつく問題を解いて、合格を目指しましょう!

登録は1分!全て無料!

無料の過去問トレーニング「ケアトレ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

コメント

  1. 2018年法改正で受験人数が7万人しかいませんでした。そこに加え実務者研修で80点以上が多いような
    また各社10社の回答割れこれは酷い、特にヒアリハットの回答は、不適切だとおもいます。事故前ですから、また、68番の問題も利用者のニーズ、ならおむつ止めるか、リハビリ止めるもありますよね、ですが私達介護士の立場からそれは?じゃないですか?そんな言葉のどちらとも判断出来る問題が沢山ありましたよね、だから回答割れが多かった、
    このサイトで勉強してきた回答をしたとおもったのですが、
    さて合格か?レベルが上がってるので
    来年2018年もまた受験だったらまたここへ来ます。なのでそんな問題点も考案してそれも考案しての受験対策宜しくお願いします。

コメントは閉じられています